近頃 スコア云々は
2の次 3の次で、週3ゴルフを維持出来る体力こそが重要とかなんとか、ここ数年ボギーゴルフから、少しも前進しないどころか、後退気味の苦しい言い訳のラウンドが続いています。

因みに昨日は、OUT38 IN52とか おっそろしいほどの平均値ど真ん中…

さて 先日のこと

パー3のグリーン上でパットの準備をていたら、背後でTEEショットの音が…
あれっと思って、TEEグラの方向へ視線を向けると、東洋系のカップルがそれぞれこちらに向かって打ち込んで来た。

ボールはあっちゃこっちゃに暴れてオンしなかったものの、明らかにマナー逸脱

『やれやれ、例によってMr&Mrs特亜の通常業務かいな』と、いつものように思ってしまう私

次のミドルホール フェアウエイでグリーンの空くのを待っていたら、背後で鈍い落下音が聞こえ、まさかと思って振り返ると同時に、私の真横をボールがコロコロ通り過ぎて行った。

これだけでも充分頭に来たけど、TEEショットはこの1発に止まらず、すぐさま2発3発と追加された。

ど~やら待ち時間を利用して、ドライヴィングレンジよろしく練習しているふしが?!?(呆)

で、次ホールのTEEグラが、待ち待ち詰まりで少し後ろの方で待機しながら、それとなく例のカップルのプレー振りを見ていると、おばちゃんの3打目アプローチショットがバンカーにつかまり、それが気に入らなかったらしく、また打ち直すも今度はチョロ、それでも諦めず再3打が木に当たり、ボールは明後日の方向へ…

『自己中の乞食ゴルフもここに極まれり』の感あり

その様子を見て、うんざりしていたのは、旦那と私だけではなく、カップルの背後でフェアウエイに控える4人のプレイヤーも同じ

ワイワイ云いながらボールを捜しまわるそのワイワイが、無駄に甲高く耳障りなシナゴ!

(いや~流石はニダ君達の宗主国さまだけあって、マナーのガン無視っ振りも半端ないな~おい)

とま~ 呆れていた所に、マーシャルがやって来て、あろう事かよりによって、あの二人と一緒にプレーして欲しいと言う。
(いや~~~とても無理 有り得ない ダメ駄目 本日是にて打ち止め はいさようなら~のぐるりグルグル空回り)

ダメ元で、彼等の傍若無人なプレーっぷりを事細かに説明して、泣き落とし作戦決行 笑

そしたら、マーシャルは納得してくれて、シナカップルを何処かへ連れて逝っちゃいました。(万歳)

あの国の移住者の嫌われっぷりは、何もゴルフコースだけに限った事ではなく、カナダはちょっと前まで、富裕層を投資移民として受け入れていたけど、太平洋側ブリテッシュコロンビア州のバンクーバー市がホンクーバーと揶揄されるくらいシナ化して、元々の住人(白人系)と軋轢激化!
(実際に問題を起しているのは香港系ではなく、大陸系移民)

なんせ あの人達に共通して大問題なのは、公共のルール&マナーをまるで意に介さず、あくまでも何処までもとことん自己中、『他者への配慮』と云う概念が完全に欠落していること。

ま~確かに、あのゴルフを見ていれば、然も有りなんと云う結論に…

そんなこんなで、カナダ政府はあの国からの投資移民政策を打ち切ったとのこと。(ナイス♪)

それより何より、一番怖いのは、皮を剥ぐアメリカ、肉を食らうロシア、骨の髄に食い込むシナと云う事で、『アメリカは金融や資本力による侵略(今で云うグローバリズム)、ロシアのそれは、武力による領土侵略、シナの展開は民族移住的な侵略である。』と先人が警告している通り、目立たない形でジワジワと人口侵略で他国を取りに行く事、「骨の髄に食い込む」それは、シナ人による日本人との混血が進み、いずれ日本人がDNAレベルで淘汰され、地球上から消滅すると云う事でしょうか?!?まさに悪夢そのもですわ!

日本みたいなお人好しの単一民族は充分警戒しないと、いつの間にやら取り返しのつかない事に…
つか アメリカにはTPPで、ありとあらゆる分野の経済活動を取り込まれつつあり、ロシアには南樺太、北方領土(4島だけではない)を奪われ、シナ人には入国規定の大幅緩和、留学生には返済義務のない奨学金支給までして入国させ放題! 

大丈夫かな~日本(TT)
[PR]
by pbkanata | 2015-06-30 21:53 | あれこれ
<< 昔は、あの木辺りまでは 財布に残った日本円を >>